あなたの健康食を変える。「発芽+酵素+雑穀玄米生活」のすすめ。

Organic Food × Life








         

– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

〈8/5 GRAND OPEN エシカルハウス 鎌倉御成町店〉

〈10月発売決定 / OML New product 先行予約開始〉

〈鎌倉限定のエステ×カウンセリング〉

〈金沢・福岡・大阪・東京 巡ります!!〉

 

 

私の主食は「穀物」です

昔はすごくパンが好きで
かなり太ってましたし
肌もかさかさしてました。

穀物を主食にらすることは
日本人なら
結構あたりまでなんだけど

今はパン食(小麦全般)がすごく増えて
お米を食べる人が本当に少なくなりました。

外食でパスタを食べたりすることは
本当に無くなってしまった、ここ最近。

家で炊いたご飯の方が美味しいから

という理由も大きくて
私は本当に外食を一人の時はとくに。
そして、家族ともほとんど行かなくなりました。

行くのは友人やスタッフと行く時くらいで
だけどお茶を飲んで過ごすことの方が
もしかしたら多いくらいです。

外食をしても、なんだか満足しない。

3日目の発芽酵素雑穀玄米
もう絶品です、止まりません。
ゴマ塩でいただきます。

 

「発芽酵素雑穀玄米」とは?

酵素玄米とは、雑穀+玄米
小豆などの酵素を持つ雑穀と玄米に
塩を加えて炊飯し寝かしたもの

発芽玄米とは、玄米+発芽
炊飯前に玄米を発芽させ発芽玄米にしたもの

雑穀米とは、雑穀+白米
小豆などの雑穀と白米をブレンドして炊飯したもの

それが私が毎日食べてる
発芽酵素雑穀玄米です。

私がお勧めする「雑穀」とは?

小豆
ビタミンやミネラルが豊富。
美容効果に冷え性改善など。

大麦
ビタミンB1やナイアシンが豊富。
繊維質が多く整腸効果が高い。

黒米
ポリフェノールや各種ビタミン、鉄分を含む。
美肌効果が高い。

赤米
カルシウムやマグネシウムなど
ミネラルが白米の数倍。
美肌、アンチエイジング。

ハトムギ
美肌雑穀。良質なタンパク質や脂肪、ビタミンなどが豊富。

ソバの実
植物性のタンパク質と脂肪、ルチンなどを多く含む
血行促進効果。

黒豆
タンパク質やアミノ酸、サポニンなどを含む。

高キビ
多くのミネラルを含む雑穀。
アンチエイジングに非常に高い効果。

などなど。
他にもキヌアアマランサス押し麦も混ぜます!

お勧めの炊飯器は「なでしこ健康生活」

なでしこ健康生活には
これのブレンドセットもあるため、便利です。

これを知ったのは
veggyさんでも紹介されている
「なでしこ健康生活」の炊飯器がきっかけ。

ご紹介いただきました

こんなに魅力的な食べ方があるんだー!!っと
感動したものです。

というよりも
こんなにも簡単に炊けるのね!
これまで掛けてた時間を返して欲しいくらい
本当に楽になりました。

全自動で炊いてくれるって、いいですね。

心の底からお気に入りの炊飯器なので
宣伝目的ではないけれど
ご紹介させてくださいね。

 

「発芽酵素雑穀玄米」を食べるようになってから

私は「発芽酵素雑穀玄米」を

食べるようになってから
本当に色々と
体や肌だけではなく
心も変わってきたように感じちゃうんですよね。

発芽した酵素玄米には
GABAがたくさん。

 GABAにはストレス解消効果があるだけでなく
成長ホルモンの分泌を促したり
脂肪燃焼や、美容効果
さらには抗がん作用もあるとか。

このGABAを取り始めてから
すごく気持ちが穏やかになったなぁ、と
確かに効果を感じてます。

ストレスって目に見えない「毒」で
一番体と心を傷つけるから
一番注意しなくてはいけないところなんだよね。

最近のおすすめの「生きている玄米」
食感が柔らかくて風味が良い。
臭みが少ないので
娘も食べてくれました。

私が玄米を発芽させて酵素玄米にして
食べ始めたのは
この一年くらいなんだけど

実は、発芽酵素玄米に変えたから
便秘も一切無くなって
消化不良も減りました。

肌のアトピーも緩和したように感じます。

だだ、玄米は栄養いっぱいなんだけど
なにせ消化に悪いから!

だから私は
ただの玄米ご飯ではなく
「発芽酵素雑穀玄米」を日々とるようになったんです、

雑穀や豆でいっぱい!

玄米そのものは
殻に覆われたまま食べているようなものなので
その殻(ヌカ)を取り除き
白米にしたものは消化しなくすくなるけれど
今度は栄養がほとんど無くなってしまう。

米ぬかは、玄米の外皮や胚の粉末です。
玄米に含まれる約90%の栄養が
米ぬかには含まれているそうです。
そして、ポリフェノールや食物繊維など
カラダに有益な栄養が豊富です。

私はぬかに含まれる栄養の中で
ポリフェノールの一種である「フェルラ酸」に注目していて
抗酸化作用、アルツハイマー病予防、美白
成長促進作用などがあります。

美白効果にも優れる栄養なので
私は体にもライスキャリアオイルとして塗っています。

チロシナーゼの働きを抑えて
メラニン色素の生成を抑制し
シミやソバカスができるのを防いでくれます。

毎日おにぎり2個分
いただきます。
最強の玄米おにぎり」にして冷凍しておくことも。

「玄米を発芽させるとどんな良いことがあるの?」

さて、ところでよく
「玄米を発芽させると
どんな良いことがあるの?」と聞かれますが
まず発芽というのは

種子にとっては
まさに生まれ変わる瞬間なんですね。

人間でも女性がお腹に赤ちゃんを授かると
体の中のホルモンが大きく変化しますね。

 玄米も発芽させることで、酵素が働き
一粒のちいさな玄米の中でいろんな変化が起こります。

 まずは玄米が硬いという欠点が無くなります。
消化しやすくなります。

そして酵素が活性化することにより
でんぷんやタンパク質が分解され
味も甘味が出てぐんと美味しさが増します。

 続いて種にはつきものの
「発芽毒」の心配がなくなります。

玄米の「毒」と言われているのは
アジシジン酸のことですね!
植物が乾燥に耐えるために出すホルモンです。

アジシジン酸を無毒化する簡単な方法は
それは、ずばり発芽なの!

発芽抑制がなくなるからですね。

全自動で「発芽」から「炊飯」まで!

保温している時間もしっかり表記されていて
何日目か明確です。
発芽させてから、炊いてくれるだけじゃない!
そのあと保温まで全自動!

浸水時間についてもよくご質問いただきますが

玄米の積算温度は100度が目安だそうです。
水温を30度にキープできた場合
約3.4時間で発芽する計算になります。
(品種や季節によっても異なります。)

 積算温度 水温 × 時間= およそ100度

 <積算温度とは>
植物、特に農作物の生育に要する熱量を表す目安の1つ。
生育日数の各日の平均気温の積算値で表します。

 <浸水環境について>
20〜30度の水はセレウス菌や黄色ブドウ球菌など
雑菌の繁殖が活発になる環境です。
特に夏場は容器を除菌してから
発芽させるよう気をつけてください。

同様の理由からね
長時間水に浸して発芽玄米をつくる方法には
雑菌の問題が残るから本当に発芽させるのは
忙しい私にとっては一苦労なんです。

しかも発芽させすぎると栄養は低下してしまいます!

ベストな状態は0.5~1ミリで
これよりも発芽すると栄養価が低下するのだとか。

ところが、自宅で発芽を目で確認する場合
どうしてもこれよりも
芽が出てしまうのだそうです。

やっぱり、多分私もこれまではそうだったかも!

というか、ここまでやれる余裕なんて
今の女性にはないでしょう・・・

6時間発芽させます。
季節によって時間は変えられる優れもの。

積算温度が100℃になるように管理し
最短2時間で発芽させる。

これは中々、普通にしていてもうまく行かないので
私は専用の炊飯器に
潔く頼る!!

すべて自動なので楽ちんですよ。
洗って入れるだけで、後は全自動ですからね~。

1.8気圧の高圧がミソでしょう。

以上の発芽のプロセスを
すべて全自動でやってくれる
「新なでしこ健康生活」の炊飯器は

自由が丘新店でも
スタッフのご飯用に炊く予定です。

オーガニック業界でも有名な
服部社長が提案する炊飯器で
私も愛用しているのです。

超高圧発芽玄米炊飯器
しかも、玄米を発芽させてくれるだけでなく
圧力をかけて炊飯!!

「複数の美容・健康効果」をもたらします

酵素玄米の主なメリットは
美容効果やダイエット効果など
さらにな複数の効果を
自由自在に調整できる”ところですかね。

例えば、玄米と小豆を配合して
酵素玄米を作ることで
玄米が持つビタミンやミネラルが
肌の艶を明るくする効果に!

小豆などの雑穀に含まれる
豊富な食物繊維やサポニンの力が加わります。

すると、このようにして作られた酵素玄米は
免疫力の向上や血行の促進効果など
複数の美容・健康効果をもたらしますよ。

飽きにくいのは、美味しいから!

健康食はなんでもそうですけど
「美味しくない」なら、続かないのでを意味ないです。

あとは「手間がかかりすぎる」こと。

多少は手を抜いてくださいね。

頑張りすぎないから、続くんです。

あなたも主食をシフトしてみては?

発芽酵素雑穀玄米」は
肌質改善のためにも、本当にオススメ。

 

坂田まこと

“ファンデーションを卒業する“ためのオーガニックトリートメントサロンを経営する坂田まこと、本人が書き下ろした初書籍2018.5.15に発売。 19歳で母にな...

プロフィール

ピックアップ記事