オーガニックサンケア理論 「肌が黒くなりやすい理由とは?」

organic skincare






肌を黒くしないためにはどうしたらいいの?

というご質問ですが
すごくいい質問で、興奮しました〜!笑

何故なら、私もいつも疑問に思っていたから
調べ尽くしてます!

これって不思議ですよね。

何を塗っても黒くなるし
屋内職でも黒くなる私はなんなのかしらね。笑

肌が白くて綺麗な子に
幾度となく憧れました。

もう、うらやましいレベルです。
私も白く綺麗な肌になりたかった。

オーガニックスキンケアに出逢って
誰かの素肌にはなれないと知り
自分の肌を認められるようになった時
すごく楽になったけど

やっぱり「謎」は解いておかないと。

 

「私たちの皮膚の色」ってなんの色?

さて、まずは私たちの皮膚の色って
何からできているのか、から知っておきましょ。

1.メラニン(ユウメラニン)の褐色
2.血液中のヘモグロビンの赤味
3.皮下脂肪などのカロチンの黄味

これらで構成されています。

もっと詳しく書くと

1. 皮膚中の色素の量
俗に言う肌が白い、黒いを決定する要素が「メラニン色素」です。
メラニン色素の量が多いほど肌は黒くなります。

 2. 皮膚の血液の量
顔色が良い、悪いの判断基準になるもので
皮膚中の毛細血管の血流量に左右されます。
循環器・消化器疾患で顔色が冴えなくなることもあります。
皮膚が健康状態を映す鏡といわれるゆえんです。

3.皮膚に運ばれてくる物質
よく知られているのは「カロチン」です。
皮下脂肪にも存在します。
みかんなどの柑橘類を多く摂ると手のひらなどが黄色くなるのは
カロチンの作用によるものです。
カロチンが汗とともに排出されて
「皮膚の脂肪を着色する」ためです。
画像・文章参考引用
http://www.ligament.co.jp/trouble/trouble_6.php

肌の色はメラニンの色であり
血液や脂肪の色であり
「表皮の色」ではないということ

つまりここから言えるのは
いくら肌の色を化粧品で綺麗にしたくても

肌の色はメラニンの色であり
血液や脂肪の色であり
表皮の色ではないということ。

いろんな色が混ざり合ってるから
単純に綺麗になるには
化粧品だけでは無理ってこと。

だから、私は食事についても教えるわけですよね。

「肌が黒くなる」メカニズムとは?

そこで話は戻りますが
「黒くなる」そのメカニズムを知ると
面白いことが分かってきますよ。

これは6/18.8/11から始まる
オーガニックスキンケア講師を育成するための
オーガニックスキンケアアドバイザー資格講座でも
お伝えするけれど

今必要な情報なので、シェアするね!
ネタバレごめん!

まず肌の色の違いは
メラニン、ヘモグロビン、カロチンなどが
関与していますが

特にメラニンの関与が大きいといえます。

黒色人種、黄色人種、白色人種の肌の色の差は

メラノサイトが作るメラニン色素が
たっぷり詰まった顆粒の大きさ」によるもので、
メラノサイトの密度によるものではないのです!

・・・どゆこと?

ってなりますよね。
私と初めて知った時はそう思った。笑

まずね、メラノサイトっていうのは
「メラニンを生み出すお母さん」みたいな細胞で

角質層の一番下
真皮との接着剤のような働きをしている
【基底層】に存在してるわけなのですが

そこには基底細胞が並んでいて
10個に1個の割合で
「メラノサイト」という細胞がいるわけですね。

このメラノサイトは
紫外線を浴びて活性酸素に侵された角質層内に
【メラニン色素(が入ったメラニン顆粒=メラノソーム)】を
放出するわけですが

このメラニンがたっぷり入った袋を
メラニン顆粒といい、別名メラノソームといいます。

見た目はラグビーボールみたい。

実はこの【メラニンの袋】が
「大きい人」が黒くなりやすい人
「小さい人」が黒くなりにくい人なわけです。

メラニンの量が多いとか、そういう理由じゃないの。

同じ量の紫外線を浴びた時に
どの人種もメラノサイトはメラニン色素(メラニン顆粒)を
一定の量作るわけなんだけど

その袋 =「顆粒が大きい」と

あっという間に肌は真っ黒になるわけです!

だから黒人さんは
紫外線にあれだけ当たっても
シミや皮膚ガンにはなりにくいのですね。

メラニン放出は「防御反応」です

つまり
黒くなりやすい人は

生まれ持った「メラニン顆粒の大きさ」が原因なので

いくら日差しを避けても
白い人よりは黒くなりやすいわけです。

これはどんな美容液を加えても
変わらない「先天的体質」ですから
悩んでもあまり意味がないのですね。

ただ、紫外線に当たらない努力は
無駄ではなりません

少なからず
よく当たる人よりは褐色化は防げますので

黒くなりたくない人は
黒くなりやすいことを受け入れて
人よりも気をつける。ほどほどに。

これに尽きます。

クレイパックで「肌が白く」なる?

美白剤なんて、使わなくていいですよ。

クレイパックで水分循環を促し
古い角質を除去したり

適度なオイルトリートメントで血流を促進させたほうが

肌はよっぽど白くなります。

私の美白剤は「グリーン×ブルークレイ」とお決まり。
たまにレッドもイエローも混ぜたりね。
色々効果は異なります。

あとは適度に皮下脂肪をつけることです。

脂肪を敵だと思ってます?

ふくよかな人は、肌が綺麗な人が多いですよね。
たっぷりのクッションが
肌の下にあるわけですから。

適度に丸顔でいた方が
永作博美さんみたいに
いつまでも可愛らしくていられるかもしれませんね。

(私も丸顔を受け入れました。笑)

「直射日光」には
できる限り当たらないように過ごして生きています

ちなみに私は
紫外線アレルギーを持っていますので
【直射日光】には当たらないように過ごして生きています。

ここには
間接的遮光術】が必要ですので
ここはセミナーで話すね。

セミナーに来れない人は
緑が丘の店頭で立ち話しましょう。

 

8/4-5 大阪・名古屋開催セミナー
「私的オーガニックサンケア理論」


———-*———-
O.M.L
人参と木苺生まれの
「サンケアスキンオイル」誕生記念
『私、ファンデーションを卒業します。』出版記念
講師・坂田まこと
「私的オーガニックサンケア理論」
「ファンデーションの卒業とは」W企画
———-*———-
 
■単発セミナー■
大阪 8/4(sat)11:00-14:00
名古屋 8/5(sun)11:00-14:00
先着10名 10800円 / オーガニック軽食付き
 
— 予約は10名で締め切ります —
ご予約はこちら
 
はじめに
化粧品開発への秘話
これまでの道のり、これからの道筋
 
1. 日焼けをする仕組みを正しく知ろう
2. 可視光線、紫外線、近赤外線から素肌を守る
3. 光老化とは何か
4. 市販の日焼け止めの効果や実態
5. 紫外線吸収剤とはなにか
6. 紫外線散乱剤とは何か
7. 活性酸素とは何か
8. 間接的遮光術とは何か
9 .SPF検査とは何か、その効果と量の関係性とは
10. 食べられる日焼け止め食品10選
11. 飲める日焼け止め製品
12. 角質層に抗酸化成分を蓄積させていく方法
13. 人参と木苺生まれの
「サンケアスキンオイル」のご紹介
 
『私、ファンデーションを卒業します。』の書籍秘話も
お話しさせていただきます。
 
———-*———-
開催地
大阪駅近辺・名古屋駅近辺
オーガニックカフェにて
———-*———-

坂田まこと

83,334 views

“ファンデーションを卒業する“ためのオーガニックトリートメントサロンを経営する坂田まこと、本人が書き下ろした初書籍2018.5.15に発売。 19歳で母にな...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。